MP7 塗装

すっかり長袖と鍋が恋しい気候になりました。

ちなみに手羽先の水炊きは最高です。

・・・・・。

 

今回はガスブローバックMP7の塗装の依頼をいただきました。

リアルな挙動と重量感が電動とは違いリアル思考の方から支持の高い銃です。

 

製作内容はデザートカラーでのピクセル塗装、内部のメンテナンス(グリスアップ)

ガスガンは機関部への塗料流入を確実に防ぐことが必要となる為、分解後のメインフレームやパーツにもマスキングが必須です。

MP7はそこまで気を使うことはないですがやはり可動部分、フレーム内部は要注意です。

 

mp7-b

 

地味にゴシゴシと足付け作業後、プライマーを塗布した状態です。

セレクターの刻印を残したいとのご依頼で足付け後、マスキングしてます。

 

涼しくなってきたのでノリノリで塗装開始。

・・・5時間後

マスクをし忘れて頭がクラクラの状態でビシっと完成。

MP7

MP7

MP7

MP7

 

今回かかった費用は

MP7 迷彩塗装 ¥10,000

ガス対応製作 ¥2,000

マガジン3本 ¥3,000 (各1,000)

メンテナンス ¥0 塗装で分解が必要な方は無料で実施させていただきます。

 

気合入れてがんばらせて頂きました。

またのご利用お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る