M14 迷彩力重視のカスタム塗装

週末になって肌寒く、防寒服をまた着ております。

非常に残念ですが花見できませんでした!

全国的にも天気に恵まれていなかったようで雨に濡れ、強風に晒されながらも花見をされる方をTVにて拝見いたしました。

いやーさすがです、宴会好き・・・もとい花見好きとしては見習わねばなりません。

 

今回は前回ご依頼頂いたヴィレッジソルジャーさんより、再度のご依頼です。

依頼内容として、モノはM14。フィールドの景色に溶け込むような強い迷彩力が欲しいとの内容でした。

どのようなフィールドか分からないので見本として頂いた画像データが

「フィールドの写真」と「MOSSY OAKジャケット」

 

ひぃぃぃぃ!まさかのモッシー!その塗装は正直無理でございます!いや、無理では無いかもしれませんが恐らく掛かりきりで半年以上はかかります!

などと正直思っておりました。

しかしあくまでも目安で色調、明暗をフィールドに合わせた感じを希望されておりました。

 

数枚のカラーシートを作成し、その中から選択いただいた一枚から少しずつ修正し、それに合わせたカラーシートを作成していきます。

今回の念入りな打ち合わせには強いこだわりを感じました。

特に漆の実には!

 

打ち合わせが終わり、色や柄も決まると商品が到着。

急いで分解、足付け、プライマーを塗布!急げ急げー!

 

(今回は急ぎの為、途中工程の画像がありません。いや、いつもですが)

 

そして本塗装、エアブラシとその他のあやしい器具を抱えブースへ引き篭ります。

エアブラシを握り締め篭ること2日間、完成!ヒャッホイ!

最後に艶消しクリアで仕上げ。2日間遠赤で乾燥させて組み上げ!

 

m14-1 m14-2 m14-3 m14-4

今回は短い期間での納品を目指しており、普段無駄が多い私にとっては身の引き締まる依頼となりました。

フィールドに溶け込みますよう強く祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る